1月活動報告

1月1日に能登半島地震がおきました。
能登半島地震で被災された皆様、心からお見舞い申し上げます。
私たちGID Linkでは、1日よりセクシュアルマイノリティの方専用電話相談窓口を開設しました。

能登半島地震の情報などは下記をご覧ください
https://gidlink.info/archives/1526

 

 

 

その他、研修・講演活動

1月は同志社大学社会学部でゲストティーチャーとして講義をさせて頂きました。同志社大学には初めて行かせて頂きましたが、とても素敵な校舎で外国にいるような煉瓦造りの校舎。今回は「家族のあり方」を副代表の有藤と一緒に話をしてきました。学生さんたちは、一生懸命うなづきながらメモをとりながら聞いてくれ、嬉しかったです。一生懸命聞いてくれた学生さんたち!ありがとうございました!
最近、中学生、高校生、大学生と話をしていると時代の変化を感じます。セクシュアルマイノリティの友人がいるのはあたりまえのような時代になってきています。私たちが活動などすることなく、あたりまえに暮らせる日が1日も早くきますように!!

この歳だからこそ、伝えれることがあります。少しづつでも伝えていきたいと思います。引き続き応援よろしくお願い致します。

そして、29年目にして初めて、阪神淡路大震災の「希望の灯り」に参加し、HAT神戸であった「ひょうご安全の日の集い」にも参加させてもらいました。私は神戸に住んでいた経験もあり、その当時よく飲みに行っていた店や友人たちが被災し、支援物資を運んだりしたことを思い出しました。
忘れないために、伝えていく。とても大切なことです。ようやくセレモニーに参加できたことを感謝します。

 

 

 

 

 

 

 

 

PAGE TOP