Genger Incongruence

Genger Dysphoria

GID Link は性同一性障害当事者と家族
友人 学校や社会 地域を絆で結ぶ自助団体です。

ここ数年、メディアなどでLGBTという言葉が急速に拡がり始めました。

LGBT人口は20人に1人と言われています。
20人以上の学校のクラスや20人以上の規模の企業の場合、
1人位は当事者がいてもおかしくないという計算になります。

この数字は左利きやAB型の割合と同じくらいと言われています。

私たちGID Linkでは、代表者が性同一性障害(GID)の当事者である事から、
特に性同一性障害(GID)で悩む当事者の方々への相談支援、講演活動、啓発活動を中心に行っております。

最新イベント情報New!

11/21(木) 行橋市内にてGID Link定期講演会開催決定!!

リクエスト開催のため出張講演会となります。

会場:サンワークゆくはし
日程:2019年11月21日(木)
時間:16:30〜18:30
講師:椎太 信(しいたのぶ)/有藤 里(ありとうみり)
参加費:500円

お申込み:こくちーずよりお願いいたします。
https://www.kokuchpro.com/event/03d6f115bd9a6b7973c892271944532b/

<講演会・交流会参加費について>
申し訳ございませんが、活動維持のため、
8月より参加費を有料(500円)とさせていただくことになりました。
ご理解いただけますと幸いです。

企業研修・講演会

企業研修セクシャルマイノリティの問題は学校現場だけではありません。
企業でも取り組みが必要です。
労働基準法の中のセクハラ指針にもLGBTが含まれるようになりました。
男女雇用均等法の現在の指針でも、LGBTへのセクハラがあった場合、事業主は加害者の配置転換や処分など適切な対応をする義務があるということを、皆さんはご存知ですか?

しかし、現状ではLGBTについての知識がない事業主も多いため、泣き寝入りするケースが多いようです。
今後もさらに関心が高まる分野であり、今後は「知らなかった」では済まされないものとなります。すべての従業員がLGBTへの理解を深めていくような対応が求められるようになっていくことでしょう。

また、LGBTの研修に取り組む事は、企業のイメージアップにも繋がります。そして、少しでも問題に取り組んでいくことにより、特に当事者の社員にとっては仕事の効率や生産性へ大きく影響します。
是非、企業として人権研修の一環でLGBTの問題もご検討下さい!!

学校の生徒さん達への人権学習、教職員・相談員への研修、企業内研修、講演会のご依頼を承っております。お気軽にお問合せ下さい。

企業内研修、講演会のご依頼

定期講演会・交流会開催について

定期交流会GID Linkでは定期的に講演会・交流会を開催し、性に関する基礎的なお話を中心に情報提供をしていきたいと考えています。
講演会では、まず性の基礎知識をお話し、その後性同一性障害の事を体験談を交えながら、当事者の苦悩や思いなど詳しくお伝えしていきます。

過去の交流会では、現場で困った事やどのような対応をするのが良いかなどの意見交換をしたり、当事者である私たちも、自分達にとっては当たり前の事だけど他の皆さんにとっては違うことや、意外に気づいていない事などを知る事ができ、とても参考になりました。

周りの当事者には聞きたくても聞けないような事でも何でも皆で話し合っていきたいと思います。
「カミングアウトしたいけど、なんて話したらいいか分からない」というような方は、カミングアウトしたい相手とご一緒にご参加下さい。
また、カミングアウトされたけど、どう接したらいいか分からず困惑しているご家族やご友人、先生方、職場の方等へ補足説明をしていきます。

当事者の方はもちろんの事、ご家族・ご友人、行政の相談員の方、教職員の方、保育園・幼稚園の先生方、企業の人事担当者等お気軽にご参加下さい。

定期講演会・交流会詳細とお申込

寄附金・協賛金のお願い

GID Linkの活動の趣旨に賛同し、ご支援頂ける方や一緒に活動してくださる方を募集しております。

詳細はこちら

一人で悩まずご相談ください
あなたが自分らしく生きるために

お問い合わせ
PAGE TOP